2015年10月28日
【教室のご案内】金山寺味噌づくり教室

金山寺味噌づくり教室

和歌山の郷土料理といえば、茶粥に金山寺味噌ですね。
麹とお野菜がたっぷり入った発酵食品で鎌倉時代に
中国大陸から伝わってきた、醸造なめみそです。
教室で金山寺味噌を仕込んで、あとは自宅で発酵熟成させます。
通常仕込んでから二ヵ月経つと食べることができます。
実は金山寺味噌は日本における醤油の原型だともいわれています。
金山寺味噌を仕込んだときにでてくる上水のたまりが、
料理に使うととても美味しかったので、
もっとこの液体を多く作れないか?
と考えられたものが醤油になったそうです。
金山寺味噌を造ったときに出てくるたまりは、魚を漬け込んだり、
揚げなすにからめたりするととても美味しいです。
こういうことができるのも、手作りならではですね。
材料が多くむずかしいイメージがありますが、
意外と簡単につくることができますよ。

金山寺味噌づくり教室

ご利用料金はコチラ